Recommend



Archives
Profile
Others

Lighthouse

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
その389
聖夜を目前にしたメランコリックな気分で「ラスト・クリスマス」をアップロードしてから今日まで、おおよそ1年と半年にわたる時間が流れていた。さらに遡ってページを覗いてみると、このブログをスタートさせたのは2007年の2月のことであるらしい。職場のPCからかつてのエントリーをひさしぶりに読み返しているけれど、出てくるキーワード、音楽や写真の懐かしさに、ある種の愛おしさすら覚える自分がいる。戯言だらけのささやかな記録としてなんとなく更新をはじめてから4年。あれから、ぼくのまわりのあらゆるものごとが大きく大きく変わっていった。きっとこれからもそうなのだろうと思う。


Posted by LK
- / 16:21 / comments(0) / trackbacks(0)
その388

Posted by LK
- / 17:30 / comments(26) / trackbacks(9)
その385
本格的な食事制限と体力トレーニングを開始してから2週間が経過している。どちらも、これほど細かくメニューを決めてしっかりと取り組むのは自分史上はじめてのことである。途中経過としては2週間で5キロほど体重が減った。ダイエットって簡単なんだなと思う。そろそろ空腹感にも慣れてきたし、お酒もそれほど恋しくなくなってきた。好物であるコカ・コーラとチョコレートのことは考えないようにしている。これからも続けていこうと思う。

Posted by LK
- / 23:50 / comments(0) / trackbacks(2)
その382
部屋からテレビが姿を消したことで、自宅におけるぼくの生活リズムはがらりと変わったと言っていい。ケーブルテレビのサッカー中継を見なくなったことで夜更かしが極端に減ったし、映画やアニメ、バラエティ番組の変わりに今は本を読んでいる。MTVを見れないのはちょっと寂しいが、スピーカーから流れてくるお気に入りのフォークミュージックがあればじゅうぶん満足できる。夕食をすませたら、あとは家事や読書くらいしかすることがないので早々と眠るし、それによって翌日の目覚めは早くなる。だいたい12時前に寝て6時過ぎに起きるというのが最近のアベレージである。朝出掛ける前にコーヒーのおかわりができるこのゆとりある暮らしの幸せ、在学中になぜ気付くことができなかったのか大いに悔やまれる。

Posted by LK
- / 21:52 / comments(0) / trackbacks(3)
その377

Posted by LK
- / 22:21 / comments(0) / trackbacks(0)
その376
マックのダッシュボード用の数あるウィジェットのひとつに、『The Rijkswidget』がある。これはアムステルダムにある国立美術館のコレクションを日替わりで表示していくフリーウェアのウィジェットであるが、とても面白い。数万点に及ぶコレクションの中から、平面や立体、西洋東洋の美術を問わずフリージャンルで更新されていく。なんとなく見つけてダウンロードしてから約半年が経つが、飽きることはない。当然ほとんどすべての作品が知らない作家のものであり、面白いものもつまらないものもある。先ほど日付が変わって更新されると、今日はゴッホの『自画像』だった。ヤフー・ウィジェットエンジン用のタイプもあるので、ウィンドウズユーザーでも利用可能らしい。

Posted by LK
- / 02:41 / comments(0) / trackbacks(2)
その372
引っ越しを終えて以来、近頃はネットでさまざまな物件を見ることに楽しみを見出している。けして高級マンションの間取りを見ながら妄想を膨らますだけではなく、古びたアパートや、いかにもノスタルジーを感じさせる団地、郊外の緑地帯のなかにある一軒家など、そんなものを見て自分でもなにが楽しいのかよくわからんが、なんとなく楽しいのだ。早く路線を覚えて、もっといろいろと詳しくなりたい。都内だけでなく、関東一帯、中部地方などなど、面白い物件は山のようにある。これから友人や後輩が家を探すとき、ほんの少しでもお手伝いができたならうれしいし、なによりぼくも楽しいだろうと思う。

Posted by LK
- / 02:07 / comments(0) / trackbacks(2)
その371

Posted by LK
- / 03:06 / comments(0) / trackbacks(1)
その370
大阪のあの部屋での4年の暮らしを終え、引っ越しをした。少々寂しく感じるところもあったけれど、主に構造面に対して嫌気がさしていたので、最後の方はもう早く出ていきたくてしょうがなかった。あのマンションにはプライバシーもへったくれもなかった。これほど温和な性格のぼくをもってしても、お怒りモードのプッツンオラオラ状態になってしまったことが2度ほどあった。それに関してはごめんなさい。周りの建物はいたって普通なのに、あのマンションだけ長時間停電したことが何度かあった。違う階に住む全く知らない住人が突然ぼくの部屋に侵入してきたこともあった。地震のときは震度以上に大きく揺れた。セックスの声、目覚まし時計の音、パソコンの起動音、ドアの開閉音、くしゃみやせき、スピッツの新曲、ガクトの新曲、足音、その他・・・けれども、もはや思い出せないほどのたくさんの出来事があの部屋で起こったのもまた事実。結局、ぼくはあの家が好きだった。

Posted by LK
- / 03:02 / comments(0) / trackbacks(1)
その368
ゴールデンウィーク、永きにわたって更新が途絶えてしまっていたことをついに思い出す。未だにここを見守っていてくれる心の優しい方々のために、加えて自分自身のささやかな記録として、これからも変わらず雑談・及び日記を細々と綴っていくつもりである。この1ヶ月の間に、実にさまざまな場所を訪れ、さまざま人と出会い、さまざまな経験をした。近年まれに見る忙しい1ヶ月であったと言っていい。にも関わらず、なぜ更新しなかったのか?それはぼく自身にもさっぱりわからない。それにしてもいつの間にかあらわれた、この邪魔くさいスポンサーサイトというのはなんなのだ?

Posted by LK
- / 02:12 / comments(0) / trackbacks(0)