Recommend



Archives
Profile
Others

Lighthouse

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
その367

Posted by LK
- / 02:09 / comments(0) / trackbacks(9)
その365
マンチェスター・ユナイテッドにダブル。いかにも子供じみた表現であるが、今まさに夢のような気分である。これ以上に嬉しいことが今年あるのかどうかわからないほど嬉しい。思い返すと大阪でのこの4年間のなかで、ぼくは尋常じゃない数のフットボールの試合を見てきた自負がある。そのために週末は必ず自宅にいたのもいい思い出である。今シーズンの残りはもうわずか9試合、優勝も夢ではない。

Posted by LK
- / 00:18 / comments(0) / trackbacks(0)
その364
なんだかんだあったのち、やっと卒業が確定した。周りのほとんどの友人たちとも揃って23日に会えそうなのでよかった。東京のマンションの審査がおりて新しい住所も決まったし、このところ何かと順調であるように思う。それにしても、わりと長いあいだここの更新が途絶えていたが別に飽きたわけではなくて、ただ、ふたつのブログに違うことを書けるほどの多くの出来事がぼくの日常生活にないだけなのだ。

Posted by LK
- / 00:06 / comments(0) / trackbacks(0)
その358

Posted by LK
- / 21:26 / comments(0) / trackbacks(2)
その352
ニコンギャラリーでの展示が終了。いろんな人に作品を見てもらって、さまざまなコメントをもらった。謎のおじいちゃんからイタリア人にいたるまで、ぼくの写真に対する感想と疑問点はひとりひとりまるで違った。いろいろあったが結局のところ、あれを作ってよかったと思う。あとは明日からはじまる学内展をすませれば、これでやっとあの作品6点をバラバラに譲り渡す作業に入ることができる。随時、引き取り手を募集しております。

Posted by LK
- / 23:47 / comments(0) / trackbacks(1)
その346
ニコンのためにポートフォリオと展示作品をまるまる作り直したら、これがまた大変な出費になってしまった。広島旅行から自宅へ戻り、1秒の間もなくテキストとデータ作りを開始、そして学校へ行って仕上げをして、これから自宅で続きをやる。楽しんでいる反面、もういい加減めんどくさい。頑張るのは、ただ友人たちにいいものを見せたいがため。明日はやっとオリンパスへ。大ちゃんの作品がどうなったのか楽しみである。

Posted by LK
- / 20:56 / comments(0) / trackbacks(1)
その342

Posted by LK
- / 04:37 / comments(0) / trackbacks(3)
その341
土師の里のもつ鍋のお店で、生まれて初めて牛の男性器を食べることになった。ああなるほど、生物のあそこを網で焼いて食べるとそういうことになるんですね、っていう味がした。これまでいくらかの人間が、たとえば宗教儀礼などで人間のペニスの肉を食べたのだろうけども、一体どんな味と食感なのか少し興味はある。「食べたことのないものを食べたい」という欲求は人間の本質であると、とある有名な精神科医がいつか言っていた。当然のことながらカニバリズムは社会的に完全なタブーとして扱われているけれども、人肉嗜食にも独自のルーツと歴史がある。単なる行為としての共食いというだけではなくて、人類という種族が持つ神秘的な領域のひとつだと思う。きっと人の肉には人の肉にしかない特別なエネルギーがあるに違いない。

Posted by LK
- / 03:53 / comments(0) / trackbacks(0)
その338
映画というものは、どんなジャンルであっても、劇場であろうがDVDであろうが一人で鑑賞するべきものだと思っている。けれども今週は、すべて初見ではないものの珍しく友人たちと5本もの映画を一緒に見た。ジャームッシュの『ダウン・バイ・ロー』から始まって、『パリ、テキサス』、『フルメタル・ジャケット』と『シャイニング』。今夜はベルトルッチの『ドリーマーズ』だった。

Posted by LK
- / 03:06 / comments(0) / trackbacks(1)
その334


Posted by LK
- / 22:26 / comments(0) / trackbacks(0)